株式会社ピーシーエルジャパン Pathology&Cytology Laboratories
会社案内事業紹介採用情報採用情報
検査部門検査体制
検査部門
 

最先端システムと経験豊かなスタッフがそろったPCL JAPAN。
ルーチン検査から特殊検査まで、大量の検査を迅速かつ正確に実施しています。

病理組織検査

年間約80万件の検体を取り扱う病理組織検査では、独自に開発した薄切補助装置を使用し検体の取り間違いを防止しています。また、ブロックIDおよび標本IDによる管理システムと、全ての処理に関するトレサビリティを有し、信頼性の向上に努めています。特殊検査においては、現代医療で必要不可欠となってきているコンパニオン診断薬検査なども実施しています。さらに、専門医の充実、ダブルチェックの実施により、精度の高い病理検査を行っています。

photo
バーコードによるID管理
photo
切り出し
photo
薄切補助装置(グラフピック)
photo
自動免疫染色装置
電子顕微鏡検査
電子顕微鏡検査は、透過型電子顕微鏡を用いて各種疾患との関連性を追求し、疾患の原因究明の一助となる特異性の高い有用な検査です。最新鋭、高機能の透過型電子顕微鏡2台を備え、分野ごとの病理専門医による精度の高い検査報告を行っております。 photo
電子顕微鏡
細胞診検査部門
細胞診検査全体の約70%を占める婦人科材料は、従来のスクリーニング検査では一定の割合で誤陰性の発生が避けられません。そこで当社では婦人科検体は子宮膣部・頸部細胞診自動スクリーニング支援装置をいち早く稼動させて、熟練した細胞検査士と常勤の細胞診専門医との相乗効果で、精度の高い細胞診検査を実現しています。また、婦人科液状化検体(LBC)は、全自動塗抹装置を用いて標本作製の標準化を図っております。
photo
受付
photo
標本作製
 

スクリーニング支援装置

画像認識技術を用いた、高精度な子宮膣部・頸部細胞診自動スクリーニング支援装置です。1次スクリーニングおよび精度管理用途に導入しています。
photo
フォーカルポイント
photo
サイトナビ

全自動塗抹装置

専用容器で採取された検体を特殊フィルタでサンプリングし、専用スライドへ塗抹するまでの工程を全自動で行うことで標本作製の標準化を行います。
photo
全自動塗抹装置
 
↑Page Top
 
Copyright(C) PCL Japan, Inc. All Rights Reserved.
お問い合わせご利用に当たって個人情報保護方針