株式会社ピーシーエルジャパン Pathology&Cytology Laboratories
会社案内事業紹介事業紹介検査案内
ごあいさつ会社概要精度管理
ごあいさつ
 
 株式会社ピーシーエルジャパン(PCL-JAPAN)は1986年(昭和61年)に、親会社ビーエムエル(BML)の100%出資の子会社として、病理・細胞診検査を専門に受託する登録衛生検査所として誕生しました。
 現在は、標本作製を主とする「PCL川越」と、病理検査を主とする「PCL東京」を基幹としつつ、北海道地域には「PCL札幌」、東北地域には「PCL盛岡」、関西地域には「PCL大阪」、九州地域には「PCL福岡」と、それぞれに拠点を開設し、地域密着型の体制で全国の医療機関からのご依頼にお応えしております。
 いまや病理・細胞診専門の検査所においては、質・量ともにわが国を代表する施設に成長いたしました。これもひとえに日頃から当社をご利用され、ご愛顧くださる皆様のおかげと感謝しております。
 申すまでもなく、病理・細胞診検査は他の検体検査と異なり、直接患者様の生命に関わることから、厚生労働省は、病理検査は"医療行為にあたる"との見解を示しました。したがって、標本作製、診断の両面において、より高度な精度管理が求められているものと認識しております。幸いにもPCLには意欲ある優秀な臨床検査技師、細胞検査士が集まり、また社団法人日本病理学会認定の数多くの優れた病理専門医や、日本臨床細胞学会認定の細胞診指導医の方々の多大なるご協力のもとに、誤りを限りなくゼロに近づけるよう日夜努力しております。
 精度管理の一層の充実のためにCAP(アメリカ臨床病理医協会)認定施設の取得をはじめとして国内の種々の認定を取得し、より厳しいチェック体制の確立、新しい検査技術や機器の導入、ITを利用した病理検査システム、細胞診においては検体自動塗抹装置、精度管理を目的とした"全自動子宮頸癌スクリーニング支援システムのフォーカルポイント"等々の開発、運用を行い、人為的ミス防止のため、自動化を積極的に取り入れ、今後とも高質な医療サービスを提供できるように努力しております。
 委託を受けた組織検体のひとつひとつには患者様の[生活][人生][命]が込められているのだという意識を常に念頭におき、コンプライアンスの遵守を片時も忘れずに仕事を遂行していく所存であります。
平成29年6月吉日
株式会社ピーシーエルジャパン
代表取締役 会長 近藤 健介
代表取締役 社長 是安 俊之
専務取締役 統括所長   石黒 信吾
   
 
↑Page Top
 
Copyright(C) PCL Japan, Inc. All Rights Reserved.
お問い合わせご利用に当たって個人情報保護方針